★韓国ドラマをもっと楽しみたいあなたへ〜ハングル脳がみるみる目覚める!【超らく韓国語マスター術】

韓国語上達法の定番。ハングル3ヶ月集中プログラム

■ 最短で韓国語がペラペラになる方法

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログパーツ | - | | - | - | pookmark |
イ・ジュンギの新ドラマ『ヒーロー』、制作開始前に日本と版権契約
イ・ジュンギの新ドラマ『ヒーロー』、放送開始前に日本と版権契約

11月18日から韓国MBCで放送がスタートするイ・ジュンギ主演の韓国ドラマ『ヒーロー』の版権契約が日本の企業との間で早くも締結されました。

『ヒーロー』の日本での版権が契約されたのは、ドラマ制作スケジュールよりもずっと前の昨年11月だったというから驚き。

契約したのは映像と音楽関連コンテンツメーカーの『デジタル アドベンチャー』。
景気の沈滞するアジア圏では、ドラマの2話〜4話程度様子を見てから契約を結ぶことが多いが、『ヒーロー』の場合、しっかりとしたストーリーと日本でのイ・ジュンギの人気の高さなどが評価され、高額で契約に至ったそうです。

特に『ヒーロー』を制作しているユニオン・エンターテイメントが、ドラマ『悲しき恋歌』や、『愛するなら彼らのように』をフジテレビで、『エデンの東』をTBSに版権販売していて、2006〜2008年まで3年連続でソン・スンホンの日本ファンミーティングを開催してきた実績も評価されたようです。

イ・ジュンギ主演のドラマ『ヒーロー』は、東方神起のユンホが主演していた『地面にヘディング』の後番組として放送されます。

出演は他に、キム・ミンジョンペク・ユンシクオム・ギジュンなど。

 
 

 
JUGEMテーマ:韓国ドラマ
JUGEMテーマ:韓流♪
 
ブログパーツ | 韓国ドラマ情報(MBC) | 21:39 | - | - | pookmark |
最新韓国ドラマ『タムナ』が早くも日本で見られる、イム・ジュファンも来日!
最新韓国ドラマ『タムナ』が早くも日本で見られる、イム・ジュファンも来日!

 8月にスタートしたばかりの最新韓国ドラマ『タムナ〜Love the Island』(MBC)がMnetで10月から早くも日本初放送されることになりました。

漫画家チョン・ヘナの人気同名コミックを原作とした『タムナ〜Love the Island』は、明るい音楽やコミカルな演技を交え、愉快でコミック的なストーリーで展開されるトレンディ史劇という感じ。

韓国ドラマにありがちな出生の秘密や交通事故などの展開は登場せず、実写のアニメを見ているような演出と映像で、新たなヒット作を生み出そうとチャレンジしています。

『タムナ〜Love the Island』を手掛けた制作会社グループエイトは、大ヒットドラマ『宮〜Love in Palace』や『花より男子〜Boys Over Flowers』を生み出しており、17 世紀の済州島(タムナ)に漂流してきたオランダ人の実話をモチーフに、企画と制作に約2 年を費やしたとか。

『宮』『花より男子』同様、将来有望な新人俳優を積極的に起用しています。

ヒロインの海女ボジン役には、昨年MBC大韓民国映画大賞で新人賞を受賞した期待の若手女優ソウ。 そしてイギリス人のウィリアムには、KBS『美女たちのおしゃべり』に出演していたフランス国籍のファン・チャンビン。両班名家の一人息子パク・キュ役には、ドラマ『雪の女王』や映画『霜花店』の美男子俳優、イム・ジュファンがキャスティングされています。

イム・ジュファンは、キム・ボム演じるソ・イジョン(西門総二郎)の兄役を好演しており、9月5日にパシフィコ横浜国立大ホールで行われる『花より男子〜Boys Over Flowers』プレミアムイベントに出演することになりました。同イベントには、F4メンバーのイ・ミンホキム・ジュンや、キム・ソウンT-maxHawl(ハウル)が出演します。

韓国ドラマ『タムナ〜Love the Island』のあらすじは、17 世紀朝鮮王朝時代、青い目、金髪のウィリアム(ファン・チャンビン)が暴風雨に見舞われ、タムナ(済州島の昔の呼び名)に流れ着きます。それを島の不良海女ボジン(ソウ)発見。
ウィリアムを見て不思議がるボジンだったが、彼を島から脱出するための希望と思い、海岸の洞窟に隠し、世話をすることになります。
 そんなある日、特命を受け島にやってきた役人のパク・キュ(イム・ジュファン)はボジンのおかしな行動に気付き、尾行。
そしてついに洞窟に隠れていたウィリアムの存在がばれてしまいますが…。

『タムナ〜Love the Island』は、韓国100%エンターテインメントチャンネルMnet にて10月26日から、毎週月曜・火曜の午後9時より日本初放送されます。

★韓国語教室に通わなくても習得できる。ハングル3ヶ月集中プログラム

 

ブログパーツ | 韓国ドラマ情報(MBC) | 19:24 | - | - | pookmark |
韓国ホラードラマ『魂』視聴率好調【YouTube動画】
MBCが納涼特集として放送しているホラードラマ『魂』の視聴率が好調です。
TNSメディアコリアの調べでは6日に放送されたドラマ『魂』は、全国視聴率12.0%を記録しました。 8月5日の初回で記録した11.5%からも上昇しています。 
これまで一ケタ台中盤の低視聴率で不振にあえいでいた『トリプル』に比べ、およそ2倍以上の視聴率を記録しており、まずは成功と言える結果を出しています。
『魂』は、同時間帯の水木ドラマトップを走っているSBS『太陽を飲み込め』を猛追しています。
チソン主演の『太陽を飲み込め』は視聴率16.9%を記録し足踏み状態。
終盤に差し掛かったKBS『パートナー』は9.0%を記録しています。
『魂』は感覚的な映像や構成、興味深い素材、主人公らの熱演などが好評で、視聴者の関心を掴むのに成功したという評価を受けています。
初回がハナ(イム・ジュウン)の周辺を中心とした学園恐怖物だったとすれば、 2話では犯罪プロファイラー・リュ(イ・ソジン)に集中したストーリーラインで心理スリラー風に描かれました。
主人公ハナ(イム・ジュウン)の双子の妹ドゥナ(チヨン)が、拉致され殺されるシーンが描かれ、この事件によって幼い頃幼稚園で遭った火災事件を思い起こし、死んだ友人の亡霊に悩まされます。
またリュ(イ・ソジン)が長い髪の女子高生を拉致し、残酷な方法で殺した殺人魔を捕まえる過程が面白みを加えていました。

韓国ホラードラマ『魂』主題歌【YouTube動画】

 

 
JUGEMテーマ:韓国ドラマ
JUGEMテーマ:韓流♪
 
ブログパーツ | 韓国ドラマ情報(MBC) | 17:58 | - | - | pookmark |
韓国怪奇ドラマ『魂』に主演するイ・ソジンと新人女優イム・ジュウン
韓国ドラマ「魂」に出演するイ・ソジンと新人イム・ジュウン
MBC夏の怪奇特集ドラマ『』で、犯罪心理学者に変身したイ・ソジンの姿が、初公開されました。
 
ドラマでイ・ソジンが演じる犯罪心理学者シン・リュは、犯罪心理学の大家で極端な両面性を持った人物。
 
6月中旬、撮影を開始したイ・ソジンは明るいブラウンのウェーブヘアースタイルに、イメージチェンジ。
 
公開されたスチールは、6月28日汝矣島で撮影が行われた1話の最初のシーンで、交差点で向い側のハナ(イム・ジュウン)と見つめ合うリュの姿を演じたもの。

 
イ・ソジンは「両面性を持ったキャラクター“シン・リュ”に魅力を感じて、今回のドラマ出演を決めた。スタッフを信じて、一生懸命撮影に挑む」と、新ドラマにあたっての意気込みを語っています。
 
『魂』の制作陣は「イ・ソジンが、長い付き合いのキム・サンホPDや『イサン』のスタッフと仕事をすることになり、和気あいあいとした雰囲気の中演技に集中している」と伝えています。 

 
MBCが14年ぶりに披露する全10話、夏の怪奇特集ミニシリーズドラマ『魂』は、悔いを残して殺された男の霊が、女子高生にのり移り、復讐に乗り出す中、イ・ソジンがこれを利用して邪悪な絶対権力に対抗するものの、悪霊の気運に勝てず、結局悪魔に変わって行くというストーリー。

 
イ・ソジンの他に、1058対1の競争を勝ち抜いてきた新人女優イム・ジュウンが女子高生 ユン・ハナ役を演じています。

 
イム・ジュウンは、「監督さんが、ブラウンの目に妙な魅了があるとおっしゃっていた。それもあって目をチャームポイントに選びたい。火の中での撮影シーンや、床にガラスの破片が敷き詰められていて切ってしまったり、車に轢かれそうになったり、はさみを押し付けられたり、危険なことが一杯あった。恐怖映画を撮るとき、幽霊を見るとヒットするって言うじゃないですか。ヒットさえしてくれるんなら幽霊を見るくらい・・かえって見たいくらい」と語っています。

 
他のキャストには、ハナを守ることが正義であるシウ役にパク・ゴ二ル、シン・リュの元恋人にイ・ジン、ハナの双子の妹役にティアラのパク・ジヨン、キム・ガプス、キム・ソンニョン、ユ・ヨンソク、チェ・スウンらが出演する『魂』は、8月5日MBCでスタートします。
 
JUGEMテーマ:韓国ドラマ
JUGEMテーマ:韓流♪
 
ブログパーツ | 韓国ドラマ情報(MBC) | 12:43 | - | - | pookmark |
ユン・テヨンが撮影中に膝負傷全治2ヶ月、ドラマ『2009アウトロー球団』
韓国ドラマ『2009アウトロー球団』のユン・テヨン
韓国ドラマ『2009アウトロー球団』の主人公オ・へソン役を演じている俳優のユン・テヨンが、撮影中全治8週間の怪我をしたことが分かりました。
ユン・テヨンは、野球場での撮影中、ベースにスライディングをした際グラウンドに膝を強く打ちつけ、左足膝の軟骨を損傷しました。
病院で精密検査を受けたユン・テヨンは、医師が手術をすすめるのをことわり、すぐに撮影現場にもどり撮影を終えたそうです。
関係者によると「病院側は、現在が最悪の状態だと言っており、膝がこれ以上悪くなることはないだろうが、痛みはもっとひどくなると見ている。しかし、撮影を延期するわけにもいかない状況なので、鎮痛剤だけで痛みを抑えるしかない。それでも2〜3週分の撮影が残っているので、手術はすべての撮影が終わってからと考えている」と伝えています。
ユン・テヨンは現在、歩くシーンは演技できず、少し歩くだけでも痛みで冷や汗が出るほどだが、幸い野球シーンはすべて取り終えているとのことです。
一方、韓国ドラマ『2009アウトロー球団』は6月21日に16話で最終回を迎えるものの、実際は18話分までの撮影が大部分終わっている状態だとか。
当初の企画では全20話が予定されていたためですが、したがって最初の構想通りにエンディングを迎えるためには、大量の編集が避けられなくなっています。ユン・テヨンにとってはどちらも痛い話ですね。

JUGEMテーマ:韓国ドラマ
JUGEMテーマ:韓流♪
 
ブログパーツ | 韓国ドラマ情報(MBC) | 15:04 | - | - | pookmark |



Copyright (C) 2007- All Rights Reserved by 韓国ドラマ視聴・韓国ドラマ情報館 All Rights Reserved.

sponsored links

CATEGORIES

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。今後の励みになりますのでお好きなヤツを、ぽちっとおねがいします。^^
FC2 Blog Ranking



ARCHIVES

LINKS

注目のグッズ

powerd by 楽市アド360


MOBILE

qrcode

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS