★韓国ドラマをもっと楽しみたいあなたへ〜ハングル脳がみるみる目覚める!【超らく韓国語マスター術】

韓国語上達法の定番。ハングル3ヶ月集中プログラム

■ 最短で韓国語がペラペラになる方法

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログパーツ | - | | - | - | pookmark |
韓国ドラマ『エデンの東』 終盤迎え視聴率じりじり降下中
韓国ドラマ エデンの東

韓国MBCで公開中のドラマ『エデンの東』は最終回まで残り少なくなった時点で視聴率が降下し苦戦を強いられている。2月9日に放送された「エデンの東」47話は、23.3%の視聴率(ニールセン)を記録し、前回の26.4%から大幅にダウンした。反面、裏番組の韓国版『花より男子』は若い層の圧倒的な支持を得て、26.2%を記録トップを守っている。TNSメディアの調査では、エデンの東が24.4%、花より男子が31.5%の視聴率だった。エデンの東と花より男子はともに、4月から日本での放送が予定されている。全50話のエデンの東は現在、4月から1年間にわたり深夜12時からの放送で協議中にあり、どの放送局になるかはまだ決まっていない。日本で韓流スターとして急成長したソン・スンホンのドラマで、『秋の童話』以降再びブームを呼ぶことができるか注目されている。『花より男子』は、4月12日からM-netジャパンでスタートする。16日に行なわれるイベントでは、F4を演じる、イ・ミノ、キム・ボム、キム・ヒョンジュン、キム・ジュンらの来日が予定されている。

★韓国ドラマ/エデンの東 OST [CD+ソン・スンホン60ページ写真集]

JUGEMテーマ:韓国ドラマ


JUGEMテーマ:韓流♪


ブログパーツ | 韓国ドラマ「エデンの東」 | 16:32 | - | - | pookmark |
ソン・スンホン「イ・ダヘ降板理解できる」心情吐露・・韓国ドラマ・エデンの東
韓国俳優 ソン・スンホン

韓国MBCのドラマ『エデンの東』で主演女優 イ・ダへらが途中降板を宣言した問題で、主演のソン・スンホンが心境を明らかにしました。

ソン・スンホンは12月25日、ドラマ公式ホームページの製作陣ノート欄を使って、「とても残念であり、申しわけないと思っている。多くの方々に心配をかけたことは申し訳なく、ドラマを主導していく出演者を代表して謝罪します」と語っています。

降板するイ・ダヘについては、「実のところ後輩、イ・ダヘの降板説に最初に記事で触れ、私もとても驚き残念でならなかった。
記事によるとイ・ダヘの降板理由の一つが私の要求によってそうなったかのように出ており、多くの方々がさらに誤解や心配するのではと思い、その点については事実でないことをお知らせする。
後輩イ・ダヘの行動は、正直なところ俳優として十分理解できる行動だ。
俳優はマネキンでも機械でもないので、台本に書かれている状況などを十分に理解し、共感せねばならないし、自分だけのカラーで表現せねばならないとても感性的な職業だ。
自分のキャラクターを誰よりも自分がよくわかっているので、胸に入ってこないと演技をするのが本当に難しいということを誰よりもよくわかっている。
実際、ドラマでイ・ダヘが演じたミン・へリンという役が最初は私の弟役のイ・ドンウクが好きだったが、中盤では財閥2世と婚約、さらにはイ・ドンウクの兄であるイ・ドンチョルを好きにならねばならない状況が展開される時点から、俳優としても理解できなかったのも事実だし、キャラクターを表現する立場として共感できなかったため、イ・ダヘは何度か台本の修正を要求していた。
私もまたミン・へリンの役割がそんな方向に行くのは危険だし、俳優のためにもドラマのためにもこのままではいけないと思ったことも事実。
俳優が欲張って自分のキャラクターに生命力を吹きこみ、視聴者や皆が共感する状況を要求することは、決して作家や演出家の権限をばかにするものではない、その俳優の情熱として受け取るべきものだというのが私の意見だ。
正直、私はイ・ドンチョルという人物は能力も不足しているだろうが、自分に惚れているからといってすべての女性を受け入れるような、そんな大きな胸を持った人物ではないと思う。
私もまた、二人の無理やりな恋愛設定は視聴者の立場からみても無理があるようだし、そんな設定方向は演技者としても受け入れがたいという思いを監督と作家に話したことが、今のこうした誤解を呼んだようだ」と自身の見解をしめしました。

イ・ダヘが降板を宣言した後、24日には、ソン・スンホンが、台本読み合わせに欠席し問題になりました。

当時演技者と脚本家及びスタッフの間で声を荒げての論争が起こり、ある中堅俳優は、ナ・ヨンスク作家に、「ドラマがこんなことになった責任を取れ」と抗議したと伝えられています。翌25日は撮影が全面中止され、26日から再開されています。


★ソン・スンホン グッズ大集合!福袋も


JUGEMテーマ:韓流♪


ブログパーツ | 韓国ドラマ「エデンの東」 | 18:32 | - | - | pookmark |
『エデンの東』イ・ダヘの突然の降板でソン・スンホンの相手役は誰に?
韓国ドラマ・エデンの東 イ・ダヘ

視聴率30%に達し人気となっている韓国ドラマ『エデンの東』に主要キャラとして出演しているイ・ダヘが、ドラマホームページ掲示板に12月22日夜、突然ドラマ降板の意志を表明しました。

韓国女優 イ・ダヘは、「多くの精神的ストレスのためか肉体的にも疲れがひどく、撮影がつらい時も多かった。点滴や薬を飲んでも精神的な苦しみまでは慰めてはくれないようです。当然この作品の演技者として最後まで責任をもって自分の役割に忠実である義務のある人間であるにもかかわらず・・これ以上、こうゆう状態の心身で演技するのは無理と思い、謝罪させていただきます。・略・いつからかカットの声とともに、私の演技に対する罪意識にかられねばなりませんでした。私が私のへリン(役名)を理解できないのに、どうしたら視聴者たちに理解させ、共感させる事ができるか。とても悩みました。・略・皆さんの前で一瞬たりとも偽りの演技をしたくありませんでした。私の役が理屈にあわない、自分らしくない言葉や行動でバカのように見えるようにはしたくありませんでした。・略・ 1話1話を意味も無く出演し、出演料をもらう以外には、とうてい私自身を合理化するいいわけさえ作ることができなかったのです。・略・ ふりかえれば私は、この作品を通して嫌な思いばかりをしていたわけでなく、ほんとに多くのことを学んだり、感じたり、反省し、何より私はとても大事な人々を手に入れました」などと自身の心境を吐露しました。

イ・ダヘのような主演級がドラマで途中に降板するのは相当めずらしいこと。

イ・ダヘは「エデンの東」で財閥の娘・へリンとして出演している。ソウル大法学部を主席で卒業した秀才で時代をリードする女性という設定だった。

しかし、主人公が10数名に及ぶほど登場人物の多い「エデンの東」では、自身のキャラを精密に描かれる機会を得る事はできませんでした。

特に、最近脚本家が交代してから、キャラ設定に急激な変化が起こり、スタッフとの意見摩擦も起こっていたといいます。

イ・ドンウク(ヨン・ジョンフン)と恋人関係であったが、最近は彼の兄であるイ・ドンチョル(ソン・スンホン)と妙な愛情関係を持ち始めています。

ドラマ製作者側は、「イ・ダヘの降板問題と関連し、作家と論議中。ドラマのストーリーを手直しし、40話まえには降板できるようにする」と伝えています。

全50話の35話まで消化した韓国ドラマ「エデンの東」が、こうした不協和音をどのように乗り越えるか注目されます。

★超話題サウンドトラックの第2弾!【韓国ドラマ】ソン・スンホン「エデンの東」vol.2 OST


JUGEMテーマ:韓流♪


ブログパーツ | 韓国ドラマ「エデンの東」 | 15:05 | - | - | pookmark |
イ・ヨニのパンソリシーンに視聴者失笑「見るに耐えない」と批判 『エデンの東』
韓国ドラマ『エデンの東』 イ・ヨニ

高い視聴率をあげている韓国ドラマ『エデンの東』の17話で、ヨンラン役のイ・ヨニが披露したパンソリが視聴者のひんしゅくを買いました。

父親、クッ会長がロビィストのために準備したガーデンパーティーのシーンでパンソリで『アリラン』を歌ったもの。

このパンソリの場面は、ソン・スンホンを愛しているがデニス・オ(マイク役)と結婚しなければならないヨンランが『アリラン』の歌詞でドンチョル(ソン・スンホン)との実らない愛を表現する重要なシーンでした。

しかしピンクの韓服で美しく着飾ったイ・ヨニのお世辞にも上手いとは言えない歌唱力のため視聴者の反感を買ってしまいました。

パンソリとは、18世紀初頭に全羅道を中心に発達した、歌い手と太鼓の叩き手ひとりずつがペアになって共演する語り節の伝統音楽で、いわば語りのオペラです。

歌い手が太鼓の調子に合わせて歌、言葉、身振りの3つを取り混ぜながらひとつの語り(話)を即興的に演ずるフリースタイルの音楽。基本的に短調で歌われるパンソリはその発声のひとつひとつが芸術であり、深い感情の裏付けと磨き上げた表現技術があって初めて完成する極めて奥行の深い高度な庶民芸能だと言われています。

俳優であるイ・ヨニにそうしたものを期待するのは無理だと思いますが、視聴者掲示板には、「不憫でしかたなくてチャンネルを変えてしまった」、「アリランがこんなにコミカルに聞こえたのは初めて」、「本当に俳優なのか疑ってしまった」、「かえって吹き替えにした方がドラマに溶け込んだはず」などのコメントが寄せられました。

イ・ヨニがエデンの東に登場して以来、演技力に対する批判がたびたび指摘されていました。

ドラマ関係者は、「舞台の上でマイクで歌う感じをいかすために、現場でイ・ヨニの声をそのまま使った。終わりの部分だけダビングした。演技の為に先生について1ヶ月ほど学んだが、他のスケジュールもあり実質的には何回にもならないはず。イ・ヨニがパンソリを習った事がないので難しいともいっていたし、演技力批判の声もありこのシーンをなしにするわけには行かないかと悩んでもいた。何度も撮りなおし監督も満足したわけではなかったが、数回やっただけの割には上出来ではないか」とイ・ヨニをかばっていました。

★豪華アーティストが集結!超話題作サウンドトラック【韓国ドラマ】ソン・スンホン「エデンの東」

【関連エントリー】
- わざとか演技か?演技力批判に泣くイ・ヨニ 韓国ドラマ『エデンの東』
- 【画像】ソン・スンホン、イ・ヨニのキスシーン 韓国ドラマ・エデンの東
- ソン・スンホンとイ・ヨニだけスイートルーム宿泊で俳優たち不満たらたら


JUGEMテーマ:韓流♪


ブログパーツ | 韓国ドラマ「エデンの東」 | 19:03 | - | - | pookmark |
わざとか演技か?演技力批判に泣くイ・ヨニ 韓国ドラマ『エデンの東』
韓国ドラマ エデンの東 イ・ヨニとソン・スンホン

「ドラマを見るのに集中できない」、「発音が不正確でセリフが聞き取れない」など韓国ドラマ「エデンの東」に出演中の女優 イ・ヨニに対する批判の声があがっています。

こうした批判に答えるようにドラマ広報チームは「イ・ヨニが演じるヨンラン役は19才の少女で、物質的には不足ないが、母親なしに育ったためどこか情緒的に欠けているキャラクターという設定」と説明しています。

また、イ・ヨニには、監督から演技に感情を抑え、子役が演技するようにさっぱりとセリフをこなすように指示があったそうです。

こうした弁護の報道にもかかわらず、視聴者は、
「演技を意図的に下手にするのと、本当に演技が下手なのとの区別ぐらい視聴者にも判断できる」、
「ベテラン女優に要求するような演技を新人にさせるのは納得いかない」、
「監督が注文した通りの意図された演技だとしたら本当にイ・ヨニは100年に一人出るかどうかの天才演技者」などの批判で応酬しています。

こうした批判の真偽は、結局今後のイ・ヨニ本人の演技次第。今は溌剌とした少女の役だが、回が進み成熟した女性に変身した時、今のような批判に終止符を打つことができるかにかかっています。

韓国ドラマ『エデンの東』で、ソン・スンホンとの恋愛を演じているイ・ヨニは、今年ソン・スンホン、パク・ヨンハとともに『恋歌2008』のMVに出演し、来日しています。

★ソン・スンホン、パク・ヨンハ、イ・ヨニほか/恋歌2008 プレミアムコンサート(DVD) ◆20%OFF!


JUGEMテーマ:韓流♪


ブログパーツ | 韓国ドラマ「エデンの東」 | 19:49 | - | - | pookmark |



Copyright (C) 2007- All Rights Reserved by 韓国ドラマ視聴・韓国ドラマ情報館 All Rights Reserved.

sponsored links

CATEGORIES

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。今後の励みになりますのでお好きなヤツを、ぽちっとおねがいします。^^
FC2 Blog Ranking



ARCHIVES

LINKS

注目のグッズ

powerd by 楽市アド360


MOBILE

qrcode

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS