★韓国ドラマをもっと楽しみたいあなたへ〜ハングル脳がみるみる目覚める!【超らく韓国語マスター術】

韓国語上達法の定番。ハングル3ヶ月集中プログラム

■ 最短で韓国語がペラペラになる方法

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログパーツ | - | | - | - | pookmark |
チ・ジニ、ソン・イェジン熱演よりも裏のゴタゴタにスポットライト
韓国ドラマ スポットライト ソン・イェジン、チ・ジニ

チ・ジニ、ソン・イェジン主演で放送中のMBCの水木韓国ドラマ『スポットライト』が放送8話を追えたところで作家が途中下車したかと思ったら、すぐに撤回するというハプニングが起きています。

心的・肉体的負担を理由に『スポットライト』から手を引くと決めたイ・ギウォン作家は、すぐにそれを撤回、新しく担当するファン・ジュハ作家とチェ・ユンジョン作家を助ける協力者の役割を受け持つと発表しました。キャラクターやドラマの展開などにアイディアを提供しながら最終回までドラマに関わっていきます。

こうした背景の裏側には、作家と監督の不和が最も大きな原因として存在するとみられています。キム・ドフン監督との意見の違いから、関係がギクシャクし、台本の上がりが悪くなり、スケジュール消化にしわ寄せが来るなどの一連の問題があると言われています。

関係者は「イ作家が、すでに撮影した分に登場した脇役たちのための新しい脚本を準備できず、結局撮影済みのものが放送できず、俳優や所属事務所からの抗議が監督のもとに集中した。その上、SBSの『一枝梅』ばかりかKBS2の『太陽の女』にまで視聴率で抜かれ、監督のストレスにも拍車がかかったようだ』と語っています。

はたして、新しい作家陣の投入という荒療治にでた韓国ドラマ『スポットライト』が、まき返しをはかることができるか、今後が注目されます。

現在、6月11日に放送される分の台本ができあがるのは、前日の10日という綱渡り状態。完成度という観点では厳しい状況が続きそうです。今後は、ソン・イェジン中心のドラマ展開から、大きな事件中心のドラマへの方向転換が予定されているそうです。

★ソン・イェジン、チ・ジニのスポットライト O.S.T.


JUGEMテーマ:韓流♪


ブログパーツ | 韓国ドラマ「スポットライト」 | 16:45 | - | - | pookmark |
チ・ジニ、ソン・イェジンのロマンスの予感に視聴者ドキドキ 韓国ドラマ『スポットライト』
韓国ドラマ スポットライト 4話

MBCの韓国ドラマ『スポットライト』で、厳しくてクールな社会部キャップ、オ・テソクを演じるチ・ジニが5月22日に放送された第4話でまったく違う一面を見せました。

危険にさらされたソ・ウジン(ソン・イェジン)を積極的にかばうかと思えば、一緒に映画を見るシーンではカリスマの陰に隠れたかわいい魅力をかいまみせ女性視聴者をどきどきさせました。

早朝から仕事のことでソン・イェジンを呼び出す厳しさをみせるチ・ジニですが、机の上に置かれている映画のチケット2枚をみて喜んでいる彼女を横目で見ています。

一緒に行く人などいないウジンはぶつぶついいながらひとりで映画館に行きますが、驚いたことに横の席にはキャップ、テソクが座っていました。

座席一つ隔てて座る彼を見ないふりをして映画に没頭しようとしますが気になって仕方がありません。しかし睡眠不足の二人は眠ってしまい、先に目を覚ましたウジンが起こして映画館をでます。

ウジンはきまり悪そうな顔で『映画面白かったでしょ』というと、テソクは『あぁ おもしろかったな、良かったよ』とはぐらかすなど、和気あいあいとしたムードを演出していました。

また、脱獄囚を取材しようと変装捜査をし、危険な目にあったソ・ウジンをかばおうと、上司たちにたちむかったり、危険なところに飛びこもうと自ら進言するソ・ウジンに『おまえの命を担保にするわけにはいかん』と怒るシーンなどからも彼のあたたかい内面が感じられました。

ドラマスタッフは、専門職のドラマなので良くあるラブロマンスは期待しないで欲しい、物足りないようでどきどきするような新しいラブラインを披露したいと語っており今後の展開が期待されます。

韓国ドラマ『スポットライト』第4話の視聴率は12.2%を記録しています。

★韓流ロマンチックフェスティバル2007(DVD) ◆20%OFF!


JUGEMテーマ:韓流♪


ブログパーツ | 韓国ドラマ「スポットライト」 | 13:38 | - | - | pookmark |
韓国ドラマ『スポットライト』の基礎知識・・記者が使う日本語由来の隠語
韓国ドラマ スポットライト ソン・イェジン

韓流スター ソン・イェジン、チ・ジニが主演する韓国ドラマ『スポットライト』は韓国のテレビ局・社会部記者をリアルに描写していくストーリーです。
記者たちが使う用語や隠語などが散りばめられ、記者という職業を浮き彫りにしていきます。ですから見る前にそれらの用語をあらかじめ整理しておくとより楽しめるかもしれません。

スポットライトの中心になっている社会部事件チームの序列関係を見てみましょう。
『デスク→キャップ→バイス→一陣→ニ陣→三陣…→新米』
ソウルを8個ほどの区域に分け、その区域の中で最も先輩を一陣と言い、警察の記者室に常駐し、その下にニ陣、三陣などがついています。
区域全体を総括するのが、警察庁にいるバイスとソウル市警にいるキャップ。劇中、イ・ジュヒキャップが、「ニ陣たちだけ残って他は仕事に向え」と命令したのに対し、ウジン(ソン・イェジン)が残ったので彼女がニ陣記者だと言うのがわかります。

『今から修習生のラインを発表する。修習生は該当ラインの師授(サス)から業務指示を受け管轄ラインの警察署、消防署、病院、官公所で起こるすべての事をチェックし、2時間ごとにサスに電話で報告する』

ここで言う師授(サス)とは、師匠をより高めた言葉で、修習記者にとってニ陣が師匠ということになります。
ウジン(ソン・イェジン)が同期ながら修習で入ってきたスンチョルに『あんたは修習生じゃない。修習をなんだと思ってるの。軍隊で言えば新兵、いいえ新兵以下。修習のシュウの字は獣のシュウ(ハングルで同じ読み)の字なの。だから軍隊で言えば軍犬か軍馬にあたるわね。つまり修習中は人間じゃないってわけ。だから黙ってついてきなさい』といい序列の厳しさを教えます。
記者たちの使う隠語には日帝時代の影響が根強く残っています。
ウジンが警察署のソファーで眠っているスンチョルの耳を引っ張りながら『マワリ行かないの』とたしなめます。
マワリとは、植民地時代の名残か「警察署を回って取材するという意味」の隠語です。
5月14日の放送でウジンの兄・ウヒョンが「どうせうちの新聞は明日の朝刊だからおまえの特ダネとは時間差があるじゃないか」と言い、放送と新聞の時間差特ダネの話をします。こうした取材協定のとき『タンコ』という隠語が使われます。日本語の談合から来たことばです。また『証言の裏を取る』などの『ウラ』も隠語で使われています。今後もいろいろな専門用語が出てきそうです。

韓国ドラマ スポットライトは、MBCで放送中で、今後はNHKでの放送が予定されています。


★有名アーティストのヒット曲でハングル学習『歌で学ぶ韓国語』のくわしくはこちらをご覧下さい。


JUGEMテーマ:韓流♪


ブログパーツ | 韓国ドラマ「スポットライト」 | 17:36 | - | - | pookmark |
韓国ドラマ『スポットライト』視聴率一ケタ台スタートも、放送前にNHKと契約
韓国ドラマ スポットライト

ソン・イェジン、チ・ジニという韓流スターが主演するMBCの韓国ドラマ『スポットライト』が5月14日から放送開始されたが、それ以前にNHKと放送契約を結んでいたことがわかりました。

歴代のMBCドラマ契約上、最高価格でNHKの子会社「MICO」と契約を結んだスポットライトは、まだ放送時期については決定していないものの、韓国ドラマ・太王四神記と同じような時間帯での編成が見こまれているといいます。

関係者によると「ドラマのテーマが知らされ、編成が決まってすぐに注文が来たほど日本側の関心が高かった。ソン・イェジンとチ・ジニがキャスティングされるや、すぐに契約が決まるという記録を生んだ」と語っています。

イ・ヨンエとともに『宮廷女官チャングムの誓い』に主演した日本で人気の高いチ・ジニと、韓国映画『私の頭の中の消しゴム』でよく知られるソン・イェジンの共演ということが大きなセールスポイントとなったようです。

14日に放送された初回の視聴率は、全国基準で8.8%(TNSメディア)を記録しました。また、チョン・へヨンと人気ボーカルグループSS501が特別出演するなど関心を呼んでいます。

韓国ドラマ『スポットライト』はテレビ局の社会部記者たちに照明をあてた専門職ドラマ。警察担当記者をさして『サツマワリ(察廻り)』というなど記者たちが使う隠語もそのまま登場しています。

一方、裏番組で同じく放送局ドラマ制作現場を描くSBSのドラマ『オンエア』は、23.5%という高い視聴率をあげています。1話あたりの出演料が300万円を超えると言われているソン・イェジンにとっては、2003年の『夏の香り』の15〜17%、2006年の『恋愛時代』12%という視聴率的にはいまいちの成績だっただけに、今回こそは20%の壁を越えたいところでしょう。

★チ・ジニ 韓国映画「女教授の隠密な魅力」ノーカットオリジナル版(ブロマイドプレゼント)


JUGEMテーマ:韓流♪


ブログパーツ | 韓国ドラマ「スポットライト」 | 15:57 | - | - | pookmark |
ソン・イェジンがノーメイクで撮影中の韓国ドラマ「スポットライト」
ソン・イェジン 韓国ドラマ「スポットライト」

5月14日から始まる韓国MBCの新水木ドラマ「スポットライト」で、放送局の社会部記者役に挑戦中のソン・イェジンが、ノーメイクで熱演しています。

「スポットライト」のソン・イェジンは、熾烈な競争率を征して入社した社会部記者で、特ダネのためなら変装、盗撮などの潜入取材や警察との駆け引きもいとわぬ熱血記者、ソ・ユジンに変身しさまざま姿を見せてくれるとか。

何日も徹夜して化粧気のない顔で警察にかけつけた場面のスチールが公開されました。ソン・イェジンは実際に、数日間洗髪せずに撮影したり、忙しい女性記者の生活を最大限表現しようと努力しています。

韓国ドラマ「スポットライト」は報道局社会部記者たちの世界をリアルに描いて行き、女記者が、ニュースアンカーになることに挑戦し夢を実現するまでのサクセスストーリーです。

MBC報道局の全面協力のもと報道局内のさまざまな姿が緊張感たっぷりに描かれます。MBCの全アンカーで知られるキム・ウネ記者がヒロインのモデルとされ注目されています。

新人記者としての初仕事では、緊張しながら現場レポートを放送している途中、ニュースの女性アンカーが夫の浮気の事実を知ることになり涙を流し始める事故が発生。スタジオを収拾するためレポートをもっと伸ばすようにという指示を受けるが、舞いあがったソン・イェジンは、同じことを何度も何度も繰り返す醜態を見せてしまいます。

★再入荷の予定が二度とない貴重な商品!【四月の雪(April Snow) メイキング映像DVD+写真集


JUGEMテーマ:韓流♪


ブログパーツ | 韓国ドラマ「スポットライト」 | 18:29 | - | - | pookmark |



Copyright (C) 2007- All Rights Reserved by 韓国ドラマ視聴・韓国ドラマ情報館 All Rights Reserved.

sponsored links

CATEGORIES

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。今後の励みになりますのでお好きなヤツを、ぽちっとおねがいします。^^
FC2 Blog Ranking



ARCHIVES

LINKS

注目のグッズ

powerd by 楽市アド360


MOBILE

qrcode

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS