★韓国ドラマをもっと楽しみたいあなたへ〜ハングル脳がみるみる目覚める!【超らく韓国語マスター術】

韓国語上達法の定番。ハングル3ヶ月集中プログラム

■ 最短で韓国語がペラペラになる方法

<< 韓国ドラマ「オンエア」で5年ぶりのドラマ出演 パク・ヨンハが語る整形疑惑 | main | 「宿命」の対決? 韓国ドラマ「大物」クォン・サンウVS「エデンの東」ソン・スンホン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログパーツ | - | | - | - | pookmark |
視聴率取りに失敗した韓国ドラマのスター達
スターの名前だけで視聴率が取れる時代は終わったのでしょうか。

ここ数年韓国ドラマの世界では、人気俳優達が主演しながら視聴率的には惨敗する例が多くなっています。

2007年、「青い魚」のコ・ソヨン、「愛に狂う」のイ・ミヨン、ユン・ゲサンなど、久々にドラマ主演したスターが、一ケタ台の視聴率で惨敗しました。

その後も、韓流スター チェ・ジウと映画スター イ・ジョンジェが主演した韓国ドラマ「エアシティ」やチャン・ジニョン、ソン・イルグクの「ロビィスト」、スエの「9回裏2アウト」、エリックの「ケセラセラ」、ハン・ガインの「魔女ユヒ」、カン・ヘジョン、チャ・テヒョンの「花を探しに来た」なども失敗に終わっています。

今年に入ってからも、韓流スター クォン・サンウ、イ・ヨウォン主演の「悪い愛」が一度も2ケタ代に乗ることなく、チャンヒョク、イ・ダヘ主演の「不汗党」は毎回5%前後という最悪の視聴率を記録しています。

そんな中で、スターパワーを発揮してヒットさせたのはキム・ミョンミンの「白い巨塔」や、ユン・ウネ、コンユの「コーヒープリンス1号店」、パク・シニャンの「銭の戦争」、そして現在日本でも放送されているペ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ・太王四神記などがあげられます。

いかにスターといえども新しい姿を見せることができなければ視聴者にそっぽを向かれてしまうでしょう。

★コンユ、ユン・ウネのコーヒープリンス1号店 ダイアリー

JUGEMテーマ:韓流♪


JUGEMテーマ:芸能


ブログパーツ | 韓国ドラマ関連情報 | 22:29 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
ブログパーツ | - | 22:29 | - | - | pookmark |

Copyright (C) 2007- All Rights Reserved by 韓国ドラマ視聴・韓国ドラマ情報館 All Rights Reserved.

sponsored links

CATEGORIES

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。今後の励みになりますのでお好きなヤツを、ぽちっとおねがいします。^^
FC2 Blog Ranking



ARCHIVES

LINKS

注目のグッズ

powerd by 楽市アド360


MOBILE

qrcode

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS