★韓国ドラマをもっと楽しみたいあなたへ〜ハングル脳がみるみる目覚める!【超らく韓国語マスター術】

韓国語上達法の定番。ハングル3ヶ月集中プログラム

■ 最短で韓国語がペラペラになる方法

<< 韓国ドラマ 『強敵たち』、高評価低視聴率に勝てるか | main | イ・ビョンホンがGIジョーの次は5年ぶりのドラマ「アイリス(IRIS)」でスパイに >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログパーツ | - | | - | - | pookmark |
スポーツドラマが熱い!韓国ドラマ化されると噂のキム・ヨナ(フィギュア)、秋山成勲(格闘家)
キム・ヨナ、秋山成勲

最近になって韓国ドラマ化される本格スポーツ物の制作情報がひろまり、視聴者の関心を集めています。

正式な制作発表会があったわけではありませんが、主なものでは、フィギュアスケート浅田真央のライバル、キム・ヨナをモデルにしたどらま『負けられない』、やはりフィギュアスケートが素材の『トリプル』、世界ランクトップ10に入っているプロゴルファーのチェ・ギョンジュ選手の波乱万丈な人生を描く『タンクの涙』、異種格闘技選手 秋山成勲(チュ・ソンフン)を描くドラマなどの制作が報道されています。

この中でも具体化してきたのがMBCの『トリプル』。厳しい環境の中でも夢に向って挑戦するフィギュアスケート選手達の生活や愛を描く本格スポーツドラマで、『コーヒープリンス1号店』のイ・ユンジョンPDが演出を担当し年末の放送を予定しているそうです。

韓国ドラマでスポーツ物の代名詞になっているのが、若き日のチャン・ドンゴンが出演するバスケットボールドラマ『最後の勝負FINAL JUMP』(1994年)。
1995年には、SBSが当時の青春スター、チョン・ドヨンとイ・ジョンジェを主演に水泳ドラマ『愛はブルー』を放送したが本格スポーツ物というには無理がある内容でした。それよりもイ・ジョンジェの兵役問題により途中下車せざるを得ず、ドラマの中で事故死するように処理され有名になりました。
1996年には、再びチャン・ドンゴンを主演にアイスホッケーをテーマにした『アイシング』がMBCで放送されましたが、『最後の勝負』の二番煎じだという評価がくだされ視聴者の支持は得られませんでした。
同年KBSで放送されたサッカードラマ『シュート』はもっと悲惨で、早期打ちきりとなってしまいました。これ以降スポーツドラマは不毛の時代を迎え、2003年のボクシングドラマ『殴れ』(SBS)、2005年の異種格闘技ドラマ『このろくでなしの愛』などが登場するも、スポーツドラマとしての評価はえられていません。

≪関連記事≫
★日本にはあるが韓国にはない韓国ドラマDVD


★チャン・ドンゴンの「ファイナルジャンプ」 チョルチュン&タスル・シンドロームと呼ばれ社会現象となった


 ★韓国ドラマ/アイシング DVD-BOX (日本国内発売版)


JUGEMテーマ:韓流♪


ブログパーツ | 韓国ドラマ関連情報 | 11:22 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
ブログパーツ | - | 11:22 | - | - | pookmark |

Copyright (C) 2007- All Rights Reserved by 韓国ドラマ視聴・韓国ドラマ情報館 All Rights Reserved.

sponsored links

CATEGORIES

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。今後の励みになりますのでお好きなヤツを、ぽちっとおねがいします。^^
FC2 Blog Ranking



ARCHIVES

LINKS

注目のグッズ

powerd by 楽市アド360


MOBILE

qrcode

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS