★韓国ドラマをもっと楽しみたいあなたへ〜ハングル脳がみるみる目覚める!【超らく韓国語マスター術】

韓国語上達法の定番。ハングル3ヶ月集中プログラム

■ 最短で韓国語がペラペラになる方法

<< イ・ジア主演韓国ドラマ『ベートーベンウィルス』の撮影裏話 その1 | main | 韓国ドラマ『アイリス』にキム・テヒ、イ・ビョンホンの恋人に >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログパーツ | - | | - | - | pookmark |
イ・ジア主演韓国ドラマ『ベートーベンウィルス』の撮影裏話 その2
韓国ドラマ『ベートーベンウィルス』にとって演奏シーンのリアリティはとても重要なポイントです。

そのため指揮者役のキム・ミョンミンやイ・ジア、チャン・グンソク、ソン・オクスクなどに個人教授をつけています。

キム・ミョンミンにはソ芸術監督、他の3人には、ミレニアムシンフォニーオーケストラの団員が指導しています。
録画時には、手の動きを助けるためにそばについて一緒に演奏します。

キム・ミョンミンは、3ヶ月間毎日、長い時には6時間にもわたり練習をしたそうです。

このドラマで最も難しい部分は、演技のパートと演奏のパートをマッチさせること。
オーケストラ練習シーンを撮るのに平均10時間はかかるといいます。

話題になったベートーベンウィルス 5話の公演シーンは2泊3日間徹夜の撮影になったとか。
ソ監督は「手の動きと音楽、表情などがお互いに合わず、NGが重なったため、最後の方ではきつさのあまり倒れる団員や、泣き出す団員もいたほど」と語っています。

ゴヌが7話の冒頭で演奏したリムスキーコルサコフの『くまんばちは飛ぶ』は、録音が一番大変でした。

『演奏が難しすぎて全世界でレコード化した人が数えるほどしかいない』というセリフのように難しい曲なので、代わりに演奏した演奏者はスタジオを5度も借りなおし録音する苦労の末やっとOKサインをもらったそうです。

★韓国ドラマ音楽 イ・ジアのベートーベンウイルスO.S.T.(少女時代参加)

その3につづく

JUGEMテーマ:韓流♪


ブログパーツ | 韓国ドラマ「ベートーベンウィルス」 | 19:37 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
ブログパーツ | - | 19:37 | - | - | pookmark |

Copyright (C) 2007- All Rights Reserved by 韓国ドラマ視聴・韓国ドラマ情報館 All Rights Reserved.

sponsored links

CATEGORIES

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。今後の励みになりますのでお好きなヤツを、ぽちっとおねがいします。^^
FC2 Blog Ranking



ARCHIVES

LINKS

注目のグッズ

powerd by 楽市アド360


MOBILE

qrcode

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS