★韓国ドラマをもっと楽しみたいあなたへ〜ハングル脳がみるみる目覚める!【超らく韓国語マスター術】

韓国語上達法の定番。ハングル3ヶ月集中プログラム

■ 最短で韓国語がペラペラになる方法

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログパーツ | - | | - | - | pookmark |
パク・ヨンハ、クォン・サンウ、低視聴率も反撃誓う
視聴率30%を越える『花より男子』の後番組として韓流スター パク・ヨンハが主演している韓国ドラマ『男の話』(KBS 2)の視聴率が一ケタ台で低迷していることについてパク・ヨンハが心境を明かしました。「『男の話』の視聴率低調が理解できない。ドラマの内容以前に『男の話』が放送されていることを知らない人たちがたくさんいた。もっと多くの人にこのドラマのことを知ってもらいたい。多くの人がこのドラマを見たら面白くみてくれるはず。実のところ結構(視聴率に)期待していただけに失望もした。序盤の内容が視聴者には重かったようだ。今後は、僕とキム・ガンウの頭脳ゲームになる。互いの弱点を見つけながら目標を達成するために努力する姿が描かれる。他のドラマと違って、序盤に強烈な内容ばかり見せようとして重たい雰囲気になってしまったようだ。今後はとてもバラエティーにとんだ内容になるので最後まで期待してほしい」と語っています。一方、ソン・テヨンとの結婚・出産などプライベートでの話題がクローズアップされていたクォン・サンウも視聴率低迷に苦しんでいます。自ら「最もクォン・サンウらしく、クォン・サンウが初心に帰ることができる演技でありキャラクター」と期待していた『シンデレラマン』だが、初回9.3%、2話が6.7%という視聴率に終わり苦しい出足となっています。初の一人二役に挑戦しているクォン・サンウ。自然な演技だという視聴者の評価とともに相変わらずの聞き取りにくい発音問題があげられています。裏番組の『カインとアベル』(ソ・ジソプ主演)が、18.9%の視聴率と好調なだけにさらなるてこ入れが要求されます。

★パク・ヨンハ☆携帯液晶画面保護シール全国送料無料☆


JUGEMテーマ:韓流♪


JUGEMテーマ:韓国ドラマ


ブログパーツ | 韓国俳優・ドラマ関連 | 17:20 | - | - | pookmark |
2009年放送を控える話題の韓国ドラマは?
2008年は史劇ブームが一段落し、専門職ドラマが脚光を浴びましたが、2009年はどんなドラマがヒットするでしょうか。

1月3日からKBSで放送が始まるドラマ「千秋太后」は女性英雄史劇。千秋太后は、太祖 王建の孫娘で姜邯贊(カン・ガムチャン)将軍とともに契丹の侵略と闘い、皇帝国・高麗を夢見た女傑で、主役女優チェ・シラがアクションと忠誠心をちりばめ、強い女性像を描いていきます。

1月21日からは、『帰ってきた一枝梅』(MBC)が始まります。
マンガを原作にした『帰ってきた一枝梅』はチョン・イル、ユン・ジンソが主演します。

2月16日からSBSで始まる『王女チャ・ミョンゴ』も女性史劇です。
パク・ミニョン、チョン・ギョンホ、チョン・リョウォンが主演し、イ・ミスク、ムン・ソングン、ソン・ヒョナらが脇を固めます。

そして2月18日からは医療ドラマ『カインとアベル』(SBS)がスタート。
韓流スターソ・ジソプ、ハン・ジミン、シン・ヒョンジュンという豪華な顔ぶれです。

5月からの放送予定になっているのMBCの大河史劇『善徳女王』も強い女性を描く時代物です。
新羅27代女王である善徳女王の一代記で、トクマンという少女が試練を乗り越え、女王の地位までのぼりつめるストーリー。
主演は、イ・ヨウォンが演じ、美貌と野望を備えた女性ミシル役を、コ・ヒョンジョンが演じます。

その他、放送日不明ながらスポーツドラマが目白押し。
キム・ヨナ選手の活躍で一気に関心が高まったフィギュアスケートをテーマにしたドラマ『トリプル』。
広告会社職員とフィギュア選手の愛を描くこのドラマは、スケート場が主な舞台となり、ヒロインは歌手のミン・ヒョリンに決まっています。

また、ドラマ『負けられない』もキム・ヨナのような幼いフィギュア選手が成功を掴むまでの過程を描くドラマです。

韓国ドラマ・太王四神記でヨン・ホゲを演じたユン・テヨンが主演する野球ドラマ『恐怖のアウトロー球団』も話題です。

ゴルフマンガ『バーディー』を原作とするゴルフドラマもKBSが準備中です。天才ゴルファー ユン・へリョンと貧乏からの脱出をゴルフにかけるソン・ミスとのライバル対決とともに成長していく姿を描きます。

一方、『オンエアー』『ニューハート』『ベートーベンウィルス』らに続く専門職ドラマには、クォン・サンウが主演する『シンデレラマン』があります。服に命をかける東大門市場の人々の生きざまや愛、成功を描くファッションドラマです。

同じくファッションドラマでは、SBSの『スタイル』が、ファッション雑誌の女性記者を主人公に、ファッションの世界や愛を描いていきます。

イ・ビョンホン、キム・テヒ、キム・スンウ主演で話題になっているドラマ『アイリス』は、視聴者とは縁の薄いスパイたちの日常や愛の世界を描きます。

『オールイン2』とも言えるドラマが『太陽を飲み込め』。済州島の若者が済州島を世界的都市にするプロジェクトを成功させるという内容で、チソン、ソン・ユリの主演が決まっています。

2009年はどんなドラマがヒットするのか注目ですね。

JUGEMテーマ:韓流♪


ブログパーツ | 韓国ドラマ情報 | 18:46 | - | - | pookmark |
チェ・ジョンアンをヒロインにソ・ジソプ、シン・ヒョンジュンが主演・・『カインとアベル』
チェ・ジョンアン、ソ・ジソプ、シン・ヒョンジュン 「カインとアベル」

ソ・ジソプの除隊後ドラマ復帰作と期待されながら遅れに遅れていた『カインとアベル』が、チェ・ジョンアンをヒロインに迎えて2009年2月からSBSで放送されます。

『コーヒープリンス1号店』で画家として印象的な演技を見せたチェ・ジョンアンは、ソ・ジソプ、シン・ヒョンジュンという魅力的な男性の愛を一身に受けるキム・ソヨン役を演じます。

韓国ドラマ『カインとアベル』は、病院をめぐる権力から孤立した天才医師として人間の尊厳性を追及する弟・チョイン(ソ・ジソプ)と、弟に父親の愛情や医師としての能力、愛する人まですべてを奪われたと信じこみ、運命と闘い苦悩する兄・ソヌ(シン・ヒョンジュン)の葛藤を描きます。

チェ・ジョンアンの演じるソヨンは、音楽への情熱を胸に秘めた作曲家で、常に自身を見守ってきてくれたチョインと最高の医師となって帰ってきたソヌの間で揺れ動く人物。

韓国と中国を舞台に膨大なスケールで描かれる韓国ドラマ『カインとアベル』は、11月から撮影がスタートします。

ソ・ジソプは『ごめん愛してる』、シン・ヒョンジュンは『天国の階段』以来4年ぶりの韓国ドラマです。

当初、カインとアベルは、ソ・ジソプ、チ・ジニ、チョン・リョウォンというキャスティングまで決まり、今年2月には放送される計画でした。

内容も兄弟の葛藤というテーマは一緒ながら、サンフランシスコを舞台に、殺し屋になった弟と刑事の兄が銃を向け合わなければならない悲劇的な運命を描く予定でした。

★韓国ドラマ『カインとアベル』関連記事

★シン・ヒョンジュン関連記事
クォン・サンウの恋人、ソン・テヨンの二股疑惑男性遍歴

★ソ・ジソプ関連記事

★勝つ奴が主人公になる!!「映画は映画だ」 OST!!【韓国映画】ソ・ジソプ、カン・ジファン「映画...


JUGEMテーマ:韓流♪


ブログパーツ | 韓国ドラマ情報(SBS) | 12:11 | - | - | pookmark |
韓国ドラマ制作打ちきりに泣くソン・スンホン、ソ・ジソプ、チ・ジニ
制作打ちきり韓国ドラマ

日本でも人気の韓流スターが主人公にキャスティングされ、話題を集めていた2つの韓国ドラマがともに暗礁に乗り上げてしまいました。

映画「宿命」の公開がまたれるソン・スンホンの韓国ドラマ復帰作として話題になったKBSの韓国・トルコ合作ドラマ「ペルソナ」の制作が完全に消滅し、またソ・ジソプの復帰作でもあった韓国ドラマ「カインとアベル」は放送が延期されつづけたあげく、結局製作じたいが保留されてしまったもの。

この他にもチャン・グンソク、コ・ウナ主演で製作発表会まで開いた「国立水刺院」や、ソル・ギョング、ソン・イェジンが出演する予定だった「エージェントゼロ」、コ・ヒョンジョンの「私が悪かった」、韓国初のカーレイサードラマと話題になった「太陽の疾走」などが派手な予告をした後、無しのつぶてになっています。

その主な理由として制作費過多や俳優たちの高いギャランティーなどがあげられています。

一度暗礁に乗り上げたドラマが再び動き出すのは決して簡単なことではありません。しかし、ピ(RAIN)とコ・ソヨンの主演が決まっていながら消滅したものの、クォンサンウとイ・ヨウォンをキャスティングし新しく制作したKBS2の韓国ドラマ「悪い愛」のような例もあります。

ソ・ジソプ、チ・ジニ、チョン・リョウォンの「カインとアベル」も事実上中断されたとはいえ、主役たちがいつでも合流する意思を見せているため可能性は残されています。

★ソン・スンホン 芸能活動10周年記念スペシャルBOX 『10 through the time』 




ブログパーツ | 韓国ドラマ関連情報 | 23:08 | - | - | pookmark |
韓国ドラマ「カインとアベル」の公開延期でソ・ジソプの復帰はいつに?

カインとアベル

来年2月11日からのスタートが予定されていた韓国ドラマ「カインとアベル」が、現在放送中の韓国ドラマ「王と私」の16話延長放送のあおりを受けて、4月16日からの放送に一時は変更されました。

しかしこれも不発に終わり、かわりにイ・ジュンギ主演の「イルチメ」が編成されたとのこと。

ソ・ジソプがわは、「まだ放送日が決定しないのでやきもきしている。(他の作品については)ノーコメント」と答えている。

ソ・ジソプは2004年末の韓国ドラマ「ごめん愛してる」で多くのファンを掴み、公益勤務後の復帰作としてこの作品を選択、ファンたちも公開を心待ちにしていました。

韓国ドラマ「カインとアベル」は、製作費60億円が投入され、チ・ジニ、チョン・リョウォン、ソ・ジソプが主演するドラマ。

殺し屋と刑事という兄弟間での悲劇の三角関係が展開される。

★ソ・ジソプ タペストリー型2008年カレンダー


ブログパーツ | 韓国ドラマ情報 | 17:45 | - | - | pookmark |
「カインとアベル」「タチャ」など大作目白押しのSBS韓国ドラマ
2008年の韓国ドラマは大作・話題作が目白押しです。

来年2月には、兵役を終えた韓流スター ソ・ジソプのカムバック作となる韓国ドラマ「カインとアベル」が放送されます。チ・ジニ、チョン・リョウォンが共演するこの韓国ドラマは総制作費60億ウォンを投入、アメリカ・サンフランシスコを舞台にしたストーリーになります。

幼い頃別れた兄弟が互いに違う環境で、刑事と殺し屋として成長し銃を向け合わなければならない悲劇的な運命をスケール大きく描きます。

韓国ドラマ「タチャ(いかさま師)」はホ・ヨンマンの同名人気マンガをドラマ化したもの。賭博場でくりひろげられる勝負師たちの世界を描き、チョ・スンウ、キム・ヘス主演で映画化され大ヒットしています。

韓国ドラマ「不良主婦」をヒットさせ、韓国ドラマ「パリの恋人」を合同執筆した作家が台本を書き、韓国ドラマ「億万長者の初恋」、「恋人よ」のPDが演出します。

韓国ドラマ「大物」も大ヒットした「銭の戦争」のマンガ家、パク・イングォンの原作をドラマ化したものです。女に精通した若いツバメと韓国初の女性大統領を目指す主人公の愛憎と陰謀を描く作品。性的な面や暴力的な面で相当な脚色が予想されます。

韓国初の女性大統領を目指す主人公にふさわしいキャスティングに注目が集まっていますが、イ・ヨンエ、ソン・イェジン、キム・ソナ、ハ・ジウォンなどの声があがっています。来年3〜4月頃放送の予定です。

韓国ドラマ「ジャイアント」は100億ウォン規模で制作され、1920〜30年代のアメリカ・シカゴを中心に活動したマフィア・アルカポーネのボスの一人であり、ハリウッド名俳優たちの後見人でもあったジェイソン・リー(韓国名イ・ジャンソン)の一代記。現地プロダクションが参与し、オールロケーションが予定されていて、アメリカ進出を夢見る韓国俳優たちの熱い視線がそそがれている大型プロジェクトです。

ソ・ジソプ 2008年 カレンダー『壁掛』
ブログパーツ | 韓国ドラマ情報(SBS) | 15:10 | - | - | pookmark |
韓国ドラマ、「エンジェル」「カインとアベル」など大作が続々登場
韓国ドラマを評価する時に「ブロックバスター」という表現を良く使います。いわゆる映画を越えるような制作費(約70億ウォン以上)、海外ロケーション、大規模セット、A級スターのキャスティングなどを共通点とするドラマです。

制作の遅れを理由に9月以降に延期となった韓国俳優ペ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ「太王四神記」の制作費は450億ウォン。ハリウッド映画「ロード オブ ザ リング」の特殊効果チームが参加するなど、いろいろな面で映画を凌駕すると期待されています。

また韓国ドラマ「朱蒙・チュモン」のソン・イルグク主演で9月からSBSで放送される予定の「エンジェル」も制作費120億ウォンが投入され、国際政治、武器闇取引、権力争いなどロビーストと生きざまを描きます。ニューヨークでの撮影を皮切りに、ワシントン・アトランタ・カザフスタンなどでロケを行なうそうです。

今秋放送予定のソ・ジソプ主演韓国ドラマ「カインとアベル」(SBS)も制作費が60億ウォンに達するとか。

年末放送される人気マンガを原作とした「食客」もまた130億ウォンが投入され、来年上半期放送の武侠ドラマ「熱血ガンホ」も制作費100億ウォンを超えると発表されています。
普通のミニシリーズ韓国ドラマの制作費は1話あたり1億ウォンぐらいだそうです。

しかしブロックバスター級ドラマといえども、成功が保証されているわけではありません。韓国俳優イ・ジョンジェ、チェ・ジウ主演の韓国ドラマ「エアシティ」(MBC)は60億ウォンの制作費が投入されながらも、10%前半の視聴率にとどまっています。それに対し少ない予算ながら確かなストーリーと、演技力で勝負しているパク・シニャン主演の「銭の戦争」(SBS)や「彼氏の女」(SBS)は30%を越える視聴率を叩き出しています。


★ソ・ジソプの出迎えに最適? ソジソプコンサート用タオル

ブログパーツ | 韓国ドラマ情報 | 18:11 | - | - | pookmark |
韓国ドラマ「カインとアベル」(ソ・ジソプ、チ・ジニ主演)が来年2月の放送に
韓国ドラマ「カインとアベル」の放送開始日が、韓国内では当初9月放送の予定だったが来年2月に決定されそうだと関係者が語っています。

韓国俳優 ソ・ジソプがチ・ジニ、チョン・リョウォンと主演するSBSの韓国ドラマ「カインとアベル」の放送編成について21日に最終決定されるとのことだが、SBS側は今年一杯の韓国ドラマ放送編成が、大部分確定しているため来年以降の放送を待つしかないそうです。

韓国ドラマ「カインとアベル」は子供の頃別れた二人の兄弟が、それぞれ違う環境で兄(チ・ジニ)は刑事、弟(ソ・ジソプ)は殺し屋として成長することで起こる葛藤を描くドラマです。

2004年KBSで放送された韓国ドラマ「ごめん愛してる」で視聴者に感動を与えた韓国俳優 ソジソプが、4月27日の公益勤務解除後の復帰作として期待されているだけに、ファンとしては一刻も早く見たいところですけどね。
韓国ドラマ「カインとアベル」は5月末からアメリカまたはカナダで撮影が始まります。


★ソ・ジソプ「メイキング オブ ごめん、愛してる」日本版が出たよ。
ブログパーツ | 韓国ドラマ情報(SBS) | 17:41 | - | - | pookmark |
韓国ドラマはカムバックラッシュ お待ちかねのあの人も
韓国ドラマにとって今年は韓国俳優カムバックの年といえるかも。それほど韓国ドラマに懐かしい顔が戻ってきています。
イ・ミヨン、カン・スヨン、ユン・ゲサン、チャンヒョク、ユンソナらがすでに復帰し、チェ・ジウ、コ・ソヨン、パク・ジョンチョル、ソ・ジソプ、ハン・ジェソクらが出番を待っている状態です。

5年ぶりの韓国ドラマ イ・ミヨン…SBS『愛に狂う』
6年ぶりの韓国ドラマ カン・スヨン…MBC『ムニ』
9年ぶりの韓国ドラマ コ・ソヨン…SBS『青い魚』
7年ぶりの韓国ドラマ ユンソナ…SBS『恋人よ』日本の同名ドラマのリメイク
3年ぶりの韓国ドラマ チェ・ジウ…MBC『エア・シティ』
8年ぶりの韓国ドラマ シン・ウンギョン…SBS『不良カップル』6月
6年ぶりの韓国ドラマ チャン・ジニョン…『エンジェル』検討中 9月

除隊後の韓国ドラマ ユン・ゲサン…SBS『愛に狂う』
除隊後の韓国ドラマ チャンヒョク…MBC『ありがとう』
除隊後の韓国ドラマ パク・ジョンチョル…SBS『青い魚』
除隊後の韓国ドラマ ソ・ジソプ…『カインとアベル』
除隊後の韓国ドラマ ハン・ジェソク…『エンジェル』
後はソン・スンホン、ウォンビンが決まるのを待つだけですね。
ブログパーツ | 韓国俳優・ドラマ関連 | 13:54 | - | - | pookmark |
ソン・スンホン、ファンミーティングはいいけれど…韓国ドラマはどうなるの?
韓国ドラマ復帰が待たれる韓国俳優ソン・スンホンは除隊直後からアジアファンミーティング、CF契約、日本でのファンミーティングなど最近除隊した俳優達の中で一番派手な復帰行事を行っている。しかし本業の演技者としてカムバックする作品はいまだに決まっていません。

ウォンビンは健康上の問題があり別としても、ユン・ゲサン(SBS『愛に狂う』)、チャンヒョク(MBC『ありがとう』)、ソ・ジソプ(『カインとアベル』)など同じく空白期を脱したスター達が次々と復帰作に恵まれていく中で、未だに決定の声を聴くことができずにいます。

ソンスンホンにも話がなかったわけではなく復帰作候補として当初MBCで今春放送を予定していたドラマ『神々の都市』がSBSに放送局を移し、放送時期を調整してきたにもかかわらず未だに放送が決まっていません。『神々の都市』は3月21日から始まる『魔女ユヒ』の後の水木ドラマで6月か7月の放送と目されていましたが、この枠にはパク・ジニパク・シニャン主演の『チョンの戦争(銭戦争)』がすでに編成されています。
ファンとしてはこの先どうなるのか気になるところです。

写真集『太陽テヤン』プレミアムボックス携帯ストラップ他特典つき

ブログパーツ | 韓国俳優・ドラマ関連 | 09:21 | - | - | pookmark |
韓国ドラマで復帰決定ソ・ジソプ、4月除隊
韓国ドラマ「バリでの出来事」「ごめん、愛してる」などでトップスターの仲間入りをした韓国俳優ソ・ジソプの除隊後復帰ドラマが決定しました。

ソジソプは4月25日召集解除(公益勤務・麻浦区役所)され、今年下半期制作費60億ウォンが投入される大作ドラマ「カインとアベル」での主演が決まりました。韓国ドラマ「カインとアベル」は幼い頃分かれた兄弟がそれぞれ違う環境のもと、優秀な刑事と悲運の殺し屋として成長しながら起こる運命的な葛藤を描くもの。ソ・ジソプは兄と離れ離れになり、アメリカに養子縁組された後マフィアの組織によって殺し屋として育てられる悲運の弟・ジン役を演じます。兄役はまだ未定です。

映画「チング」のクァク・ギョンテク監督がTVドラマをつくると言う話が昨年4月話題になったが、様々な理由で延期されていたもので、ソ・ジソプにとっては幸運にも除隊する時期と丁度重なり恵まれた復帰作となりそうです。除隊後、1ヶ月ほど準備したのち、アメリカ・サンフランシスコを舞台に撮影を開始する予定です。

メイキング オブごめん、愛してる 日本盤DVD(予約)

ブログパーツ | 韓国俳優・ドラマ関連 | 15:43 | - | - | pookmark |

Copyright (C) 2007- All Rights Reserved by 韓国ドラマ視聴・韓国ドラマ情報館 All Rights Reserved.

sponsored links

CATEGORIES

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。今後の励みになりますのでお好きなヤツを、ぽちっとおねがいします。^^
FC2 Blog Ranking



ARCHIVES

LINKS

注目のグッズ

powerd by 楽市アド360


MOBILE

qrcode

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS